パート紹介

メンバーたちのもつ独特の雰囲気をパートごとにご紹介。パートで分けると不思議と特徴が見えてきます。

チェロパート

バイオリンを大きくした楽器、足で挟んで弾く楽器、と筆者が大学時代は説明を要していた楽器「チェロ」も、昨今はかなり認知度が高くなってきてうれしい限りです(低かったのは私の周りだけかもしれません)。 そんな「チェロ」は、音域

つづきを読む

楽器の女王ヴァイオリン

4本の弦を弓で擦ったり指で弾(はじ)いたりして音を出す弦楽器。その中で最も小さく、高音域を受け持つのがヴァイオリンです。「楽器の女王」とも呼ばれるほど、多彩な音色を出すことができるヴァイオリン。弾いてみたいなぁ~と憧れた

つづきを読む

ヴィオラの花咲く頃

ヴィオラはヴァイオリンより一回り大きくて、主には和声の中音域やリズムを担当することが多い楽器です。 ヴィオラ(Viola)というと同じ名前のすみれ科の花がありますが、その花言葉には「誠実」「信頼」「忠実」といった言葉が並

つづきを読む
20151014_木管セクション

木管セクション

オーケストラは、弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器で構成されています。 弦楽器は、弦を弓でこするか、もしくは指で弦をはじくという方法で音を出します。金管楽器はマウスピースとよばれる金属でできたお椀のような形をしたものに口

つづきを読む

コントラバス パート

「コントラバス? どうしてこの楽器を始めたの?」と、よく聞かれます。 たしかにヴァイオリンとかヴィオラ、チェロといった華やかな弦楽器に比べたら、あまり目立たずに地味な存在かもしれません。 持ち運びも不便だし。。 でも、実

つづきを読む

金管打楽器

金管楽器とは、唇の振動で発音する主に真鍮製の楽器をいいます。 真鍮は、英語だと「ブラス(brass)」ですね。 ブラスバンドの由来でもあります。 金属製でも、フルートやサックスは唇の振動を使いませんので、 金管楽器の仲間

つづきを読む