1月20日の練習

2016.01.22

1月20日の練習

「展覧会の絵」と「セビリアの理髪師」を練習しました。
「展覧会の絵」は、前回途中になった7曲めの「リモージュの市場」から。
リモージュは、パリの南400kmにある都市。
ムソルグスキーの自筆楽譜には「女たちが喧嘩をしている。激しく激昂してつかみかからんばかりに」と書かれているそうです。
最初から最後まで小刻みな16分音符。ついつい眉間をしわを寄せて必死に演奏してしまうのですが、先生からは「明るく」「生き生きと」「賑わしく」。市場のおばちゃんになったつもりで演奏します。
8曲めの「カタコンベ ローマ時代の墓場」はうって変わって、パリにある地下墓地へ。
主に金管楽器が、ドクロが置いてある墓地の情景を奏でます。
「死者とともに死者の言葉で」という短い曲をはさんで、
9曲目の「鶏の足の上に建つバーバ・ヤーガの小屋」。
バーバ・ヤーガは、ロシアの魔女で、鶏の脚の上に立つ家に住んでいるそうです。
鶏の脚が土台って、すごく不安定そう…。
先生からは「まるで映画『ハムナプトラ』のように」。
始まりの激しいメロディーは怖い顔したミイラ、速いパッセージは砂でできた建物の崩壊から逃れていることを思い浮かべながら演奏しようと思います。
そして最後の曲「キエフの大門」。
鐘の音が印象的です。ウクライナの重厚な門のイメージで「粘り」「うねり」をもって演奏するよう言われました。
後半に「ナ○コレ○百景」で使われているメロディーが出てきます。
最初の方に戻って、2曲目の「古城」。イタリアのお城のようです。
オーケストラでは珍しいサックスがメロディを奏でます。
哀愁漂うサックスの邪魔にならないよう伴奏も控えめにします。
少しだけ、1曲めの「グノーム」。
グノームは、ロシアの伝説の小人で、土の妖精。妖精というとかわいらしいですが、どちらかというと妖怪に近いようです。
おどろおどろしいメロディーは、地の底で小人が奇妙な格好で歩く様子。小人の足跡のようにこまかい音もしっかり演奏したいと思います。
最後に「セビリアの理髪師」。緩急はっきりさせること等を確認して時間切れ…。
合奏ではやることも曲もたくさんあって、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
1度先生に指示されたことは繰り返し言われないよう気を引き締めて臨まなければと思った練習でした。
(va M)

2016.01.14

石川さゆりさんの歌伴練習

80poster1

来る3月6日に開催される浜響40周年記念定演では、石川さゆりさんをゲストにお迎えします。
今日はその歌伴の初練習の日。

歌伴練習に先立って、第二部の最初にやるマイスター・ジンガーの練習から。
記念演奏会ということで、団員全員で演奏します。総数120人弱。
ホルンが8本、トロンボーンやクラリネットが5本などなど、音のバランスはともかく、見た目はかなり壮大です。
そして、練習会場が暑い暑い。音も厚いがとにかく熱いです。
ワグナーのとにかく長〜いフレーズを要求されることも加えて、演奏も熱い。
今回のブログの筆者はオーボエ奏者ですが、オケのど真ん中にいて、熱も音もまわり中からやってきますから、それはそれは大変。
皆さんにも経験してもらいたいくらい。おしくらまんじゅうみたいです。

そして、休憩を挟んで、歌伴練習。
皆さんご存知の石川さゆりさんの定番演歌から、椎名林檎さん提供のポップスなど、選曲はバラエティに富んでいます。
ところが浜響メンバーはちょっとばかりポピュラー路線が苦手…クラシックの時とは少しばかり勝手が違うんですね。これは思った以上に曲に仕上げに苦労しそうです。が、その分楽しみでもあります。
とにかく石川さゆりさんと共演できるなんてことは、まず考えられないことですから、それだけでも力が入ります。

今日からプレイガイドでチケットの一般販売が始まったとのこと。1日で140枚が売れるのは未だかつてないこと。
どうぞみなさま、チケットの入手はお早めに。

(オーボエ M.M)

2016.01.06

賀詞交換会での演奏!

浜響、新年初の演奏は、賀詞交換会でした。

今年は金管セクション。

厚みのあるサウンドで楽しい曲いっぱいで、いいスタートがきれました。

image

2015.12.21

日曜の昼下がり。

定期演奏会の翌日曜のすがすがしい晴天の昼下がり。

街は年末にむけて慌ただしい雰囲気ですね。

浜響ものんびりする間も無く、いよいよ40周年記念演奏会まで2ヶ月半となりました。

今日は、事務局に座席会議で集まりました。

image

 

2015.12.17

浜響40thロゴ募集、公募ガイドに掲載!

image image

浜響40周年ロゴ募集、公募ガイドに掲載されました。

締め切りもいよいよ迫っております。

たくさんのご応募お待ちしております!

2015.12.10

直前スパルタ特訓と戸田さん

12/5は、演奏会に向けての集中練習でした。
特に弦楽器はスパルタ特訓で、午後からパート練習、弦分奏、ソロ合わせの合奏と、のべ8時間にわたる練習で気力体力の限界に挑戦!

夜はバイオリンソリストの戸田さんとの合わせ。
わたくし、ずっとずっと1年以上前からこの日を楽しみにして参りました!

間近で聴くベートーベンの協奏曲は言葉に出来ないくらい素敵で、思わず聴き入ってしまいます。

練習後は疲れているはずなのに、なんだか元気になった気がしました♪

image

2015.12.05

ぜひ良いお席でゆったりと♪

image本日12/5(土)は集中練習。ヴァイオリニストの戸田弥生さんとソリスト合わせの日でした。
私は降り番ですが、戸田さんの音を聴きたくて会場の隅っこで見学をしました。

戸田弥生さんと浜響は過去2回共演していますが、今回初めて戸田さんと共演する団員もおり、練習前はいつもとはまた違った緊張感がありました。
ソリスト合わせが始まり、戸田さんの美しいヴァイオリンの音が会場内に響き渡ると、団員が皆戸田さんの音に引き込まれて、全体が一体感のあるサウンドに変化していくのを感じました。
時には鳥の綺麗なさえずりだったり、またある時には芯があり凛とした音だったりする戸田さんの演奏はまさに円熟味があり、ずっと聴いていたいと思わせてくれます。
ホールで演奏を聴いている気分になってしまい、練習を見学していることをつい忘れてしまう演奏でした。

次回の練習は犬飼新之介さんとピアノ協奏曲のソリスト合わせです。こちらもどんな演奏を聴かせてくれるのか、今から楽しみです!

今回の定期演奏会はベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲とピアノ協奏曲を演奏しますが、一つの演奏会で2つの協奏曲を演奏することは、なかなかないと思います。
まさに「一粒で二度おいしい」。某商品のキャッチコピーのようですが、今回はそんな言葉がピッタリな演奏会だと思います。

12/13(日)はぜひ2つの協奏曲を聴きに、アクトシティ大ホールにお越しください♪

2015.12.03

イメージするってどんな感じですか?

今日(12/3)は週末と次週にソリスト合わせ控えた大事な練習です。

代奏は前回同様、堀田さん(Pf)と森内さん(Vn)。

個人的には協奏曲の伴奏は大好きで毎回楽しみにしています。

今回は2曲ということで私にとってはスペシャル感のある演奏会なのですが。

松岡先生は前回、次は通したい、とおっしゃっていたのですが、次々に気になる箇所
が。

何度も止めて、強弱、音符の長さ、音質、フレーズ感、イメージ等々、ご指導されま
す。

先生が代奏者に「止めてばかりですみません」と謝る場面も(笑)

今回も曲への取り組みの詰めの甘さが表れてしまい、ただただ反省。

イメージなしで譜面だけ追って弾いていたら間違えなく止められますから。

イメージは本当に大事。

そのイメージ力がどうも自分には足りていないな、と感じます。

出来ている団員ももちろんいます。

その差は何なのでしょうか???

N.U

2015.11.29

楽しみと反省と

11月25日は松岡先生の御指導によるヴァイオリン協奏曲の練習。独奏ヴァイオリンの代奏付きの贅沢な合奏でした。

このベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は、独奏ヴァイオリンの華麗な旋律や技巧が聴きどころではありますが、オーケストラにも緻密なアンサンブルが求められる難しい曲です。譜面上は同じ音、同じ長さ、動きでも場面ごとに求められる雰囲気や色が違う事を今更ながら痛感(汗)。まだまだ曲への取り組みが甘いのだと反省してしまいました(毎回だったりして)。

ところで今回代奏していただいたMさんは学生さんとの事ですが、とても堂々とした弾きぶりときれいな音色で思わず聴き入ってしまいました。きっと今後、ますます腕に磨きをかけて素晴らしい演奏をしていくのだろうな~と少しうらやましくなりました。彼女の今後の活躍に乞う御期待!!

クラリネットT・H20151118-095750.jpg

2015.11.21

がぱっ!

2015-11-21T113A383A07-118日はピアノコンチェルトの練習で、

代奏の堀田さんがいらしてくださいました!

やはり、ピアノが入るだけで、
曲の華やかさも変わりますし、
オーケストラの練習だけでは、
感じ取れない間合いや雰囲気なども分かるのでいいですね!

今回の写真は、私が行ったときに、ピアノの調律をしていて、
鍵盤を「がばっ」っとはずしていたので、写真を撮ってみました。
(私の所属する楽器は、結構忙しいのでなかなか練習中の写真は撮れません(-A-。)

さてさて。
話は変わりますが。。。

みなさんは、「アウフタクト」という音楽用語をご存知ですか??
今回の演奏会のキーワードです。

アウフタクトとは。。。

西洋音楽にあっては、拍は、強拍のあとにひとつまたは複数の弱拍が後に置かれ、それを組み合わせて拍のまとまりと考える。

拍のまとまりの中で中心となるものが小節であり、その組み合わせが拍子である。
したがって、音楽のまとまりも強拍から弱拍に流れる。
しかしながら、強拍の前に準備的な拍(または拍の一部)が置かれる場合がある。これがアウフタクトである。
(Wikipedia より引用)

「うーん」。。。
言葉で書かれただけでは、イマイチ「ぴん」とこないと思いますので、
是非、アウフタクトを感じに、12月13日の浜響定期演奏会に
足をお運びくださいませ!

その頃には、アウフタクトもしっかり身について、
「熱〜い」ベートーヴェンをお聴き頂けると思います(*’ω’*)

ではでは、3連休が始まりましたので!
練習に励もうかなぁ、、、なんてね!

vn カータン改め、ぴったの飼い主。。。