第88回定期演奏会

PDF 表面 裏面

ふたつのロミオとジュリエット〜ロマンティックな調べ〜

今回は、近代ロシアを代表する作曲家、チャイコフスキーとプロコフィエフが、シェイクスピアの不朽の名作「ロミオとジュリエット」を題材に書いた序曲と組曲を取り上げました。また、ソリストに長尾春花さんをお迎えし、コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲を演奏します。オリンピックイヤーに浜響が創るロマンチックな調べをお楽しみください。
指揮者は、浜響とは10回目の共演となる井﨑正浩さんです。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

指揮 井﨑正浩
ヴァイオリン 長尾春花

チャイコフスキー 幻想序曲「ロミオとジュリエット」
コルンゴルト ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35
プロコフィエフ 組曲「ロミオとジュリエット」より

〜曲目紹介〜

チャイコフスキー 幻想序曲「ロミオとジュリエット」
荘厳な雰囲気の序奏、モンタギュー家とキャピュレット家の争いを描いた激しい第1主題、2人の愛のテーマを奏でる第2主題を経て、悲劇の結末へと向かいます。はかなくも美しい愛の物語を約20分間で見事に表現した名曲です。

コルンゴルト ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35
現在のチェコ共和国出身の作曲家コルンゴルトは「モーツァルトの再来」と言われる程、優れた才能の持ち主でクラシックだけでなく、映画音楽にも大きな功績を残しました。この曲も映画音楽のテーマが随所に表われ、華麗な超絶技巧の中にも幻想的な雰囲気を醸し出しています。掛川市出身で国内外で活躍中のヴァイオリニスト、長尾春花さんの演奏をご堪能ください。

プロコフィエフ 組曲「ロミオとジュリエット」より
プロコフィエフはバレエのために「ロミオとジュリエット」を作曲しましたが、今回は作曲者自身によって書かれた3つの組曲より名場面を表現した曲を抜粋してお送りします。テレビでおなじみの「モンタギュー家とキャピュレット家」から始まり、2人の愛と別れ、悲劇の結末に至るまでをハイライトでお楽しみください。

〜ゲスト紹介〜

指揮/井﨑 正浩
1995年ブダペスト国際指揮者コンクール優勝。ハンガリーの国立オペレッタ劇場、
国立響、国立歌劇場管等を指揮。98年サヴァリア響の芸術監督兼常任指揮者就任、ハンガリー国立歌劇場デビュー。2000年ブダペスト・ニューイヤーコンサートを指揮。
読響、日フィル、東フィル、東響、東京シティ、九響等と共演。新国立劇場等のオペラでも手腕を発揮。ハンガリー・ソルノク市音楽総監督。09年ソルノク市立交響楽団の来日公演を成功させた。12年ロシア・ナショナル管弦楽団で客演指揮者としてモスクワデビュー。また2013年3月にはベルリン交響楽団、2016年11月にはデュッセルドルフ交響楽団への客演も行う。15年文化功労者に与えられる“カポシヴァーリ・ジュラ賞”、同年、現在民間人に送られる勲章の最上級勲位のひとつである“金十字功労勲章”を受章。

ヴァイオリン/長尾 春花
掛川市出身。東京藝術大学、同修士、博士課程修了、博士号取得。
日本音楽コンクール、カンポキアーロ国際音楽コンクール、フレッシュ国際ヴァイオリンコンクール等にて第1位、ロン=ティボー国際音楽コンクール、仙台国際音楽コンクール、ぺカット国際コンクール等にて入賞。静岡県文化奨励賞、上尾市栄誉賞、松方ホール音楽賞受賞。2018年、NYカーネギーホールにて、F.ヴァッキのヴァイオリン協奏曲を演奏。
アイワ不動産イメージキャラクター、FCN音楽大使、掛川お茶大使、キラリあげおPR大使。2016年よりハンガリー国立歌劇場管弦楽団コンサートマスター。
2019年よりリスト音楽院にて教鞭を執る。


チケット情報

指定席 ¥2,000 自由席 ¥1,500 学生自由席(小・中・高) ¥1,000
※6歳未満のご入場はご遠慮下さい。

12月15日チケット発売 チケットはWebからも!

チケット取り扱い先


■主催:公益財団法人浜松交響楽団 ■後援:公益社団法人浜松青年会議所、浜松市、公益財団法人浜松市文化振興財団、浜松商工会議所、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、K-mix、FM Haro!、ウィンディ