12/5は浜松、12/19は静岡

2021.10.21

12/5は浜松、12/19は静岡

10/20は、前半にバレエ音楽「くるみ割り人形」の練習をしました。
「くるみ割り人形」は、バレエがない場合は、抜粋された組曲版を演奏することが多いです。
しかし、今回は「ハイライト」なので、第1幕の第6曲「招待客の帰宅、そして夜」、第7曲「くるみ割り人形とねずみの王様の戦い」、第8曲「松林の踊り」など組曲以外の曲が入っていて、ストーリーが分かるようになっています。
ストーリーは田辺一邑さんが語ってくれますが、時計が12時を打つ音や、くるみ割り人形とネズミとの闘い、スリッパが命中する場面などがどこで出てくるか、じっくり聞いてみてください。
後半は12/19の「親子で楽しむ浜響クリスマスコンサート」で演奏するピアソラの曲を練習しました。
ソリストは、浜松が誇るサックス奏者、須川展也さんです。
松岡先生から「シモン・ボリバル・ユース・オーケストラのような感じで…」と言われましたが、あのオケって全員若い人達ですよね…。
若さは足りませんが、大人の技術で雰囲気は醸し出せるようにしたいと思います。
アクトシティ浜松ではなく、東静岡のグランシップでの公演です。小さなお子様も入場できますので、ぜひよろしくお願いいたします。
来週は早速、須川さんが来てくださいます。緊張しますが、とっても楽しみです♪
ところで、第18回ショパン国際ピアノコンクールが終わりました。
反田恭平さんの2位、小林愛実さんの4位入賞も嬉しいですが、さらに、2016年の第11回はましんファミリーコンサートで協演したアレクサンデル・ガジェヴさんも2位入賞!おめでとうございます!

(Va.M)

第11回はましんファミリーコンサート


 

2021.10.14

弦分奏

浜響の久々練習の2回目は分奏。弦分奏のトレーナーはコントラバス奏者の加藤先生でした。
団員の熱い希望で、今回やっと初めてご指導をいただきました。
写真のコントラバスをご持参で!(なんて美しい音!もっと弾いてほしかった)
私の愛読する弦楽器専門誌でも「低音ジャーナル」というコーナーの記事を連載をされている方でもあります。
この日、ご指導いただいたチャイコフスキー「悲愴」は、アマオケ奏者、クラシック愛好家の好きな交響曲の上位にランクインする曲です。
そして、コントラバスではじまり、4楽章はコントラバスだけが残り、息絶えていく感じで曲が終わります。(ジャーン!って終わらないんです)
思い切り悲愴な気分に浸って、そして浄化された気分になります。(きっと!)
どうぞお楽しみに(Vn.R)

2021.10.10

「そろり」再開

7月25日のコンサートから、状況は日に日に悪化し、活動自粛を余儀なくされた浜響。
浜松の1日の感染者はついに100人を突破し、不安な日々が続きました。
つい1ヶ月ほど前のことなのに、ここ最近の状況とあまりにも違いすぎて、振り返ってみると不思議な気分です。
緊急事態宣言も無事に解除され、私たちも事前のオンライン説明会を経て、活動を再開することができました。

久々の全体合奏は、先生のご指導に心動かされ、だけど音に表すことができず悔しさに終わり、項垂れて帰宅・・

1ヶ月まるまる練習ができなかったので、かなりの焦りと不安がありますが、再開ができたことに感謝し、練習に励まなければいけません。
ピンチはチャンス!と信じて、感染対策を徹底して、無事に12月5日を迎えられますように!

チャイコフスキー二本立て、お楽しみに♪

M.T

2021.10.02

浜響いよいよ再開!

7/25の夢に追いかぜコンサート以来、新型コロナの急拡大により、練習や本番を自粛してきました。

緊急事態宣言も解除され、いよいよ待ちに待った再開です!
とはいえ、また再拡大しないように、静岡県のそろりスタートに従い、今まで以上に感染対策しながら(健康チェック・消毒・ディスタンス・換気!)の練習でした。

さて、鈍った合奏の感覚は戻ったのでしょうか。。。

2021.08.14

夢追いコンサート 舞台裏ハイライト3

「夢に追いかぜコンサート」舞台裏ハイライト、最後は舞台演出です。

年2回の定期演奏会に加え、企画物の演奏会を行うことも多い、わたしたち浜松交響楽団。
曲や雰囲気を、より皆様にお伝えして盛り上げるため、様々な工夫をしています。

その一つが、舞台照明です。
もちろん団員が操作することはできませんので、照明スタッフさんと打ち合わせをして、お願いしています。

今回の演奏会の「白鳥の湖」では、SPAC俳優・武石さんが語っている時には、武石さんにスポットライト。オーケストラ演奏になったら、ライトを切り替える。など、様々な細かい調整をしていただきました。
指揮者の石川先生が要望するタイミングでの切り替え、また、お城で悪魔が正体を現したときのあの青いライト。そして、最後の、美しくも儚い世界への誘い……

わたしたちと一緒に演奏会を盛り上げてくださった照明スタッフさんに、改めて感謝いたします。

※写真はリハーサルのものです。

(Vn.S)

2021.08.05

夢追いコンサート 舞台裏ハイライト 2

日の「夢に追いかぜコンサートin浜松」。
夢の世界を浜響と共に作り上げて下さったひとりが、ヴァイオリニストの奥村愛さんです。

前半では曲目紹介のトーク、そしてソリストとして3曲(+アンコール)弾いてくださり、更に、開演前のアナウンスまでお引き受けいただきました。
なんて多才な方なのでしょう!

指揮の石川征太郎先生とのトークも軽快に。
そしてコロナ禍中の音楽家としての思いを語ってくださいました。

またいつか、共に音楽を作りあげる舞台でご一緒させていただきたいです。
奥村愛さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。

(Vn.S)

2021.07.28

夢追いコンサート 舞台裏ハイライト

先日の「夢に追いかぜコンサートin浜松」。
タイトルどおり、夢の世界のようなコンサートでした。

リハーサルの写真で、あの世界を作り上げてくれた方々をご紹介いたします。

後半の「白鳥の湖」で語りをされた、SPAC俳優 武石守正さん。
パイプオルガンの前で、会場に向かって語りかけていらっしゃいました。

当日は白いシャツにベストを着用。
その姿は、まさに「吟遊詩人」といった雰囲気でした!
(なぜか、吟遊詩人のイメージって白シャツ+ベストですよね)

武石さんが語る、悲劇の物語……
調べると、「白鳥の湖」は、ロシアだとハッピーエンドが多いそう。
が、原作はバッドエンド。王子と白鳥の姫は、現世では結ばれません。

悪魔の奸計に翻弄される白鳥の姫・オデットが可哀そうすぎて、舞台の上で泣いてしまいそうでした。
観客の方からも「涙ぐみながら聞いた」というご感想が。
すっかり、物語の世界に引き込まれてしまいました。

武石さん、素晴らしい語りをありがとうございました!

(Vn.S)

2021.07.26

夢に追いかぜコンサート無事に終演!

このたびは、第15回浜松いわた信用金庫「夢に追いかぜコンサートin浜松」へのご来場、ありがとうございました。

このような情勢の中、無事に開催できましたこと、皆様に心より御礼申し上げます。

期間中に練習が中断され、回数が少ない中でも的確に御指導くださった石川征太郎マエストロ、

楽しいトークと素晴らしいソロを聴かせてくださったバイオリニスト奥村愛さん、

観客のみならずオーケストラまで白鳥の湖の世界にひきこんで下さった、語りのSPAC俳優・武石守正さん、

わたしたち浜響を支えてくださった数え切れないスタッフ・関係者・音楽ファンの皆様、

ありがとうございました。

———
奥村愛さんアンコール: スコットランド民謡:シェトランド・エアー

オーケストラアンコール:チャイコフスキー「白鳥の湖」より「Danse espagnole」(スペインの踊り)
———

次回、12月5日 第91回定期演奏会 に向けて、団員一同、改めて練習にはげみます。
演奏会の詳細につきましては、ホームページ上にてご確認ください。

2021.07.24

いよいよ明日!夢に追いかぜコンサートin浜松の聴きどころ

早いもので、いよいよ明日、コンサートが開演されます。
皆様に、聴きどころをご紹介いたします。

「白鳥が美しく見えるのは、水面の下の絶え間ない努力があるから」
これに似たようなことを、聞いたことがある方もいるかもしれません。

調べてみると、どうやら「巨人の星」の登場人物のセリフらしいです。
しかしそれは作者の創作で、実際の白鳥は、やっぱり、水面の下でもゆーったりとしているそうですよ。

一方、白鳥をゴージャスに表現する楽器・ハープ。本物の白鳥と違い、演奏曲によっては足元をかなり動かして音楽を奏でています。

ハープの下を見ると、ペダルがたくさんついています。
調を変えるごとに、その該当するペダルを踏んで、弦の音を変化させているそう。
まさに、水面下で努力しているんですね。
優雅に弦をつまびく姿からは、とても想像ができません。

今回、「夢追いコンサート」で演奏する「白鳥の湖」や「アダージェット」他、様々な曲で、ハープが活躍します。
ぜひ、美しい音色に耳を澄ませてください。

ちなみに、ハープの楽譜はあまりにも独特な記述すぎて、ぱっと見では読めませんでした……。
ハープさん、撮影へのご協力ありがとうございました。

なお、チケットは当日券もあります。
涼しい室内で、どうぞ美しい音楽をお楽しみください。

(Vn.S)

2021.07.22

「夢追いコンサート」ソリスト合わせ

7月25日(日)の「夢に追いかぜコンサート」本番まで、まもなく!
この日の練習では、バイオリニストの奥村愛さんが来浜され、初のソリスト合わせを行いました。

限られた時間の中での合わせ。浜響も、石川マエストロとのこれまでの練習でかなり仕上げてきましたので、その成果が出たかなと感じられました。
皆が奥村さんの音に寄り添い、心に響く音楽をお届けしていきたいです。

なお、団員からは、以下のような感想が寄せられました。
——–
あまりの美しさ、奏でる音の素晴らしさ、卓越した技巧…。練習しながら、うっとりしておりました。
——–

チケットはHCFオンラインショップ・アクトシティチケットセンター等にて発売中です。
当日券は今のところご用意できそうですが、やはり良い席から出ていきますので、なるべく事前にお買い求めください。

(Vn.S)