FM Haro!「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」 次回の放送

2020.01.18

FM Haro!「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」 次回の放送

毎週お届けしている浜響のラジオ番組「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」
個性豊かな浜響団員が、オーケストラの名曲をお届けします!

第43回は「ロシア音楽を堪能! week4」
クラシック音楽の中心地といえばドイツやイタリアといった西ヨーロッパ……ですが、それらと並んで、何ならそれら以上にロシアの音楽が好きだ!という方も多いのではないでしょうか。
今月は5週間に渡って、そんなロシア音楽をたっぷりお届けいたします。

4週目にご紹介するのはプロコフィエフ作曲のバレエ音楽「ロメオとジュリエット」より モンターギュ家とキャピュレット家, マドリガルの2曲です。
プロコフィエフは世界を周り新しい響きを模索した作曲家です。
その楽曲は「古典的かつ近代的」「華麗で技巧的」「甘美で叙情的」「グロテスク」など……色々な言葉で表現されてきました。
一体なぜ新しい響きを求めたのか、なぜ世界を周ることになったのか、そのストーリーを語ります。
また、放送曲のロメオとジュリエットは実は指揮者毎に演奏曲の組み合わせを変える曲でもあります。
某携帯会社CMでも使われた「モンターギュ家とキャピュレット家」に加え、今年3月の浜響定演では演奏しない「マドリガル」もお届けいたします。

放送はFM Haro! 76.1MHz、および公式Webサイト(⇒こちら)より、視聴可能です。

【浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!】
放送時間:毎週金曜日 14:15〜14:30
メインパーソナリティ:FM Haro ! 野相 悠 (のあい はるか) さん
提供:浜名梱包輸送(株)

♪第43回「ロシア音楽を堪能! week4」
1月24日(金) 14:15〜14:30
出演:筒井 健介 (浜松交響楽団 チェロ奏者)
放送曲:バレエ音楽「ロメオとジュリエット」より モンターギュ家とキャピュレット家, マドリガル / プロコフィエフ

2020.01.17

うによりいくら多めがいい

1/15。とうとうこの日がやってきました。

「井﨑先生によるコルンゴルト初回練習」です。

選曲後、スコア見ながら曲を聴いて愕然としてから早数ヶ月…。

どうなることかと思いましたが、先週、初合奏してみたら、2018年の第13回はましんコンサートで同じコルンゴルトのチェロ協奏曲を演奏したからか、「はじめまして感」は薄いような気がしました。

この日の練習は、まずチャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」から。

「幻想序曲」ですが、演奏時間約20分の体力勝負の曲です。

前回井﨑先生に来ていただいた時にはプロコフィエフの「ロミオとジュリエット」の練習でしたが、チャイコフスキーでもテーマは同じ。そして、先生のご指導により、あちこちにチャイコフスキー色が散りばめられていることも分かりました。

そして、

コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲。

とてもドラマティックでかっこいい曲です。

ソロヴァイオリン無しでもドキドキします(色んな意味で)が、ソリスト長尾春花さんについていけるようこれから頑張って仕上げていきます。

チェロ協奏曲に続き、ヴァイオリン協奏曲も浜松初演です!お聴き逃しなく!

うにいくら丼の話、25Mと50Mプールの違いの話など…例え話も興味深く、練習中に3回ほど指揮棒が飛ぶ熱心なご指導でした。

(Va M)

2020.01.11

FM Haro!「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」 次回の放送

毎週お届けしている浜響のラジオ番組「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」
個性豊かな浜響団員が、オーケストラの名曲をお届けします!

第42回は「ロシア音楽を堪能! week3」
クラシック音楽の中心地といえばドイツやイタリアといった西ヨーロッパ……ですが、それらと並んで、何ならそれら以上にロシアの音楽が好きだ!という方も多いのではないでしょうか。
今月は5週間に渡って、そんなロシア音楽をたっぷりお届けいたします。

3週目にご紹介するのはチャイコフスキー作曲の交響曲第6番「悲愴」より 第2楽章です。
グリンカ、バラキレフと紹介し、ついに満を持してチャイコフスキーの登場です。
ロシア初の職業作曲家チャイコフスキーはスーパーメロディーメイカー!くるみ割り人形、白鳥の湖など、数々の今も愛される曲を生み出しました。
そのためどうしても曲に目がいってしまいますが、今回は少し目線を変えて、ロシア音楽の歴史の中で彼がどうすごかったのかをお伝えいたします。

放送はFM Haro! 76.1MHz、および公式Webサイト(⇒こちら)より、視聴可能です。

【浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ】
放送時間:毎週金曜日 14:15〜14:30
メインパーソナリティ:FM Haro ! 野相 悠 (のあい はるか) さん
提供:浜名梱包輸送(株)

♪第42回「ロシア音楽を堪能! week3」
1月17日(金) 14:15〜14:30
出演:筒井 健介 (浜松交響楽団 チェロ奏者)
放送曲:交響曲第6番「悲愴」より 第2楽章 / チャイコフスキー

2020.01.08

2020年始動!

こんにちは!
正月気分がなかなか抜けない毎日を過ごしていますが、本日から2020年の練習が始まりました。

今日は第88回定期演奏会の前半に演奏する曲、チャイコフスキーの幻想序曲「ロミオとジュリエット」とコルンゴルトのヴァイオリン協奏曲の合奏でした。

「ロミオとジュリエット」の映画を初めて見たのは高校生の頃だったと思いますが、ジュリエットの手紙が少しの差でロミオに届かないシーンを見て、思わず「遅いよ~!」とつぶやいてしまったのを思い出しました。

メールや携帯電話が発達している現代では、もはや起こり得ない話で、当時は恋愛も命掛けだったんだなあと改めて思いました。
恋は盲目。悲しくもロマンティックなお話です。

「ロミオとジュリエット」の次はコルンゴルトの合奏。
コルンゴルトはチャイコフスキーやプロコフィエフほど有名ではなく、私も演奏するのは初めてです。

しかし、コルンゴルトについて調べて見ると、モーツァルトに匹敵する程の才能の持ち主とか、映画音楽に功績があった等々、いろいろ出てきました。しかも結構イケメン(笑)。

確かに独奏ヴァイオリンの超絶技巧に映画音楽の要素が加わり、何とも幻想的な雰囲気を作り上げています。

そして、ヴィブラフォンとチェレスタの使い方に非常に魅力を感じます。

和音や音階を少し弾くだけで、こんなにも曲の感じが変わることを今更ながらに実感しました。

ヴァイオリンのソロを担当されるのは地元掛川市出身で今や国内外で活躍中の長尾春花さん。
ソロ合わせはまだ先ですが、今からとても楽しみです。

長尾さんが来るまでに、独奏と一体となって曲の魅力をお客様に伝えられるよう、全力で頑張ります!

3月15日(日)14時開演。アクトシティ浜松大ホールで皆様のお越しをお待ちしています。

(BCl H・T)

2020.01.05

あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。皆様年末年始はいかがお過ごしでしょうか。

浜響の2019年最後の練習は、井﨑先生によるプロコ1回目練習でした。『ロミオとジュリエット』の物語と曲の関係性を考えながら演奏の捉え方を考えていく、とても楽しい合奏でした。(次回合奏に向けての宿題も沢山…!)

合奏中に話題に上がったのが、物語に登場する少女「ジュリエット」の年齢。
井﨑先生が団員に、ジュリエットは何歳?と問いかけると、12~17歳あたりで異なる回答がいくつも現れました。

ふと気になって調べてみると、シェイクスピアがこの作品を創るにあたり参考にしたブルックの長詩では16歳、ペインターの物語では18歳だった少女の年齢を、「あと2週間で14歳」へとぐっと引き下げていたのだとか。今の日本では信じられませんが、当時のイタリアでは12歳で結婚出来たそうです。
『ロミオとジュリエット』はその後も沢山の映画やミュージカルになっているので、上演時代・地域ごとのジュリエットの年齢に着目してみるのも面白そうですね。

(E.M)

2020.01.03

FM Haro!「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」 次回の放送

毎週お届けしている浜響のラジオ番組「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」
個性豊かな浜響団員が、オーケストラの名曲をお届けします!

第41回は「ロシア音楽を堪能! week2」
クラシック音楽の中心地といえばドイツやイタリアといった西ヨーロッパ……ですが、それらと並んで、何ならそれら以上にロシアの音楽が好きだ!という方も多いのではないでしょうか。
今月は5週間に渡って、そんなロシア音楽をたっぷりお届けいたします。

2週目にご紹介するのはバラキレフ作曲の東洋的幻想曲「イスラメイ」です。
バラキレフはクラシックにロシア民謡を取り入れ、ロシア独自の音楽を育てた人。ボロディンやリムスキー=コルサコフなどと共に、「ロシア五人組」として活動していました。
放送曲の「イスラメイ」はロシア民謡をふんだんに取り入れたバラキレフの代表作。
ロシア音楽が独特のオリエンタリズムを獲得した経緯と共に、お楽しみください。

放送はFM Haro! 76.1MHz、および公式Webサイト(⇒こちら)より、視聴可能です。

【浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ】
放送時間:毎週金曜日 14:15〜14:30
メインパーソナリティ:FM Haro ! 野相 悠 (のあい はるか) さん
提供:浜名梱包輸送(株)

♪第41回「ロシア音楽を堪能! week2」
1月10日(金) 14:15〜14:30
出演:筒井 健介 (浜松交響楽団 チェロ奏者)
放送曲:東洋的幻想曲「イスラメイ」 / バラキレフ

2019.12.28

FM Haro!「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」 次回の放送

毎週お届けしている浜響のラジオ番組「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」
個性豊かな浜響団員が、オーケストラの名曲をお届けします!

第40回は「ロシア音楽を堪能! week1」
クラシック音楽の中心地といえばドイツやイタリアといった西ヨーロッパ……ですが、それらと並んで、何ならそれら以上にロシアの音楽が好きだ!という方も多いのではないでしょうか。
今月は5週間に渡って、そんなロシア音楽をたっぷりお届けいたします。

1週目にご紹介するのはグリンカ作曲の歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲です。
グリンカと言われてピンと来る方はなかなかツワモノ!
実はこの方がいたからこそオーケストラのロシア音楽があったと言っても過言ではないほど、その先駆者となった人なのです。
なぜそれまでロシアでクラシックが広まらなかったの?
じゃあどうやってグリンカはロシアにクラシックを持ち込んだの?
そんな疑問を持たれた皆さま!どうかこの放送をお聞き逃しなく。

放送はFM Haro! 76.1MHz、および公式Webサイト(⇒こちら)より、視聴可能です。

【浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!】
放送時間:毎週金曜日 14:15〜14:30
メインパーソナリティ:FM Haro ! 野相 悠 (のあい はるか) さん
提供:浜名梱包輸送(株)

♪第40回「ロシア音楽を堪能! week1」
1月3日(金) 14:15〜14:30
出演:筒井 健介 (浜松交響楽団 チェロ奏者)
放送曲:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲 / グリンカ

2019.12.22

FM Haro!「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」 次回の放送

毎週お届けしている浜響のラジオ番組「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」
個性豊かな浜響団員が、オーケストラの名曲をお届けします!

第39回は「革命…音楽は歴史と共にあり! week4 」
12月は「革命…音楽は歴史と共にあり!」のテーマで、特に歴女でもなんでもない浜響団員が誰もが耳にした事があるいくつかの歴史的“革命”によって音楽的に何がどうなったのかお話していきます。
諸説あり!?な部分もあるかもしれませんが、ゆる〜くお聴き下さい。

次回12/27は「抑圧が生み出す芸術・ロシア革命」
もういくつ寝るとお正月!2019年最後の浜響ラジオですが、年末関係なしに灰色の話題です!!ショスタコーヴィチの音楽と彼の生きた時代の話は壮絶でドラマティックで15分番組で語れるスケールではありませんが、革命・歴史のテーマで挙がらない訳がない“この曲”を取り上げます!余談ですが、“スターリン・若い頃”で検索するとすごいイケメンが見られます(笑)

放送はFM Haro! 76.1MHz、および公式Webサイト(⇒こちら)より、視聴可能です。

【浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!】
放送時間:毎週金曜日 14:15〜14:30
メインパーソナリティ:FM Haro ! 野相 悠 (のあい はるか) さん
提供:浜名梱包輸送(株)

♪第39回「革命…音楽は歴史と共にあり! week4 」
12月27日(金) 14:15〜14:30
出演:上野 小夜子(浜松交響楽団クラリネット奏者)
放送曲:ショスタコーヴィチ / 交響曲5番より 4楽章

2019.12.17

FM Haro!「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」 次回の放送

毎週お届けしている浜響のラジオ番組「浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!」
個性豊かな浜響団員が、オーケストラの名曲をお届けします!

第38回は「革命…音楽は歴史と共にあり! week3 」
12月は「革命…音楽は歴史と共にあり!」のテーマで、特に歴女でもなんでもない浜響団員が誰もが耳にした事があるいくつかの歴史的“革命”によって音楽的に何がどうなったのかお話していきます。
諸説あり!?な部分もあるかもしれませんが、ゆる〜くお聴き下さい。

今週は「産業革命の後に…ピアノの進化」
浜松の楽器博物館で見られるように、ピアノは今の“ピアノ”になるまでに様々な変化を経てきました。
より華やかに力強く、大きなホールや編成の大きなオーケストラでピアノ協奏曲が演奏できるようになったのには、産業革命が大きく関わっているのです。
88鍵のピアノが生まれるに至った、なんやかんやをかいつまんでお話します。

放送はFM Haro! 76.1MHz、および公式Webサイト(⇒こちら)より、視聴可能です。

【浜松交響楽団のラジオdeオーケストラ!】
放送時間:毎週金曜日 14:15〜14:30
メインパーソナリティ:FM Haro ! 野相 悠 (のあい はるか) さん
提供:浜名梱包輸送(株)

♪第38回「革命…音楽は歴史と共にあり! week3 」
12月20日(金) 14:15〜14:30
出演:上野 小夜子(浜松交響楽団クラリネット奏者)
放送曲:ベルリオーズ / 幻想交響曲より4楽章「断頭台への行進」

2019.12.08

長尾さんコンサート

浜響の今度のソリスト長尾春花さんのコンサートを聴きに行ってきました!!

バッハの無伴奏と、ブラームスのバイオリンソナタ。
途中、救急車が通ったりしましたが、一切乱れることなく、ものすごい集中力で、私も惹きつけられぱなしでした。

3/15の浜響ではコルンゴルトの協奏曲を弾いてくださいます。
とてもロマンチックな曲で、長尾さんが弾いたら、どんな風になるか、今からめちゃめちゃ楽しみにしてます!