ふじのくに子ども芸術大学「三ツ橋敬子先生の指揮者教室」本番

2017.08.20

ふじのくに子ども芸術大学「三ツ橋敬子先生の指揮者教室」本番

8月19日は、ふじのくに子ども芸術大学「三ツ橋敬子先生の指揮者教室II~オーケストラと音楽をつくろう~」の本番が行われ、浜松交響楽団では、子どもたちに音楽をお届けするオーケストラを務めさせていただきました。

指揮者の三ツ橋敬子先生は、80名からなるこんなに大きなオーケストラを操るのです。その難しさ、楽しさは、客席から見ているだけではやはり分かりづらいもの。
子どもたちは先生の講義のあと、実際に指揮台に乗り・指揮棒をかまえて、オーケストラを自分たちのテンポで演奏する楽しさを実体験しました。

事前に抽選で選ばれた4名の子どもたちだけではなく、客席にいたママや聴講生たち10数名も、ほんの数小節ずつですが、演奏してくれていましたよ。

オーケストラの団員たち、楽譜から目を離して子どもたちの指揮に釘づけ!
とっても集中力がいる時間でした。

質問コーナーでは三ツ橋先生に「指揮者になるために、今からできることは何ですか?」とすごい質問がとんだり、オーケストラの団員達にも「ハープってどうやって運んでいるんですか?」という質問や、「大きな楽器は、運ぶのが大変ってわかっていて選んだんですか?」というツッコミも。
会場が一体となった、とても楽しい時間を過ごすことができましたし、子どもたちの心に残る教室のお手伝いができたことをうれしく感じた本番でした。

2017.08.11

初のマーラー1番合わせ

8月19日に子ども芸術大学の本番、そして9月末にオーケストラ教室を控えている浜響ですが、12月3日 第83回定期演奏会の練習も同時進行しています。

この日はマーラー1番の初合わせ。楽譜はだいぶ前に配布されましたが、めくってもめくっても真っ黒な譜面に心が折れそうです。
私はマーラーを演奏するのは初めてなので、参考音源を聴いて勉強をしてきました。とても美しい旋律、ハーモニー、そして金管楽器の力強さ。
とっても良い曲ですね! …と、私たちの演奏を聴いたお客様にも思っていただけるよう、引き続き練習を頑張ります。

(Vn s)

2017.08.05

子ども芸術大学練習開始!三ツ橋敬子先生がやってきた

はましんファミリーコンサートにご来場いただきました皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございました!

浜松交響楽団は、また新たな演奏会へ向け、さっそく練習を開始しています。

8月2日は指揮者・三ツ橋敬子先生をお迎えしての練習。
「ふじのくに 子ども芸術大学」で、「三ツ橋敬子の指揮者教室II~オーケストラと音楽をつくろう~」 が、今月半ばの8月19日に本番を迎えます。

以前、演奏したことのある曲が多いとはいえ、指揮棒を振る先生が違えば曲もガラっと変わるので、ついていくのはなかなか大変。
楽譜は同じなのに、不思議でしょう?
当日指揮を習ったり聴講したりする子どもたち、そのナゾに迫れるはず!?

ハキハキとオーケストラに指示を出していく三ツ橋先生はエネルギッシュでステキでした!
指揮者教室の情報は、下記のリンクから。

https://www.fkac.jp/kouza2017/kouza_tokubetu14.html

(Vn s)

2017.07.20

日本一のテノール!

今回のはましんコンサートの目玉は!?いろいろありますが、今日はテノールの藤田さんをご紹介します。

日本一のテノール!をぜひ聴いてもらいたいと、角先生が呼んでくださいました。

藤田さん、海外や地元での活動をされていたそうなのですが、東京の藤原歌劇団で歌い始めたとたんに、主役に抜擢されていったそうです。

藤田さんの歌が、1000円で聴けるなんて、そんな機会なかなか無いそうで、東京から来る方もいらっしゃるそうです。

カルメンの花の歌なんて、泣いてしまいそうです。。。

 

そして、昨日は、ゲストコンサートミストレスに長尾春花さんをお招きしての練習でした。

長尾さん、とても華奢で、かわいいふんわりした雰囲気の方なのですが、演奏がはじまると凛々しくてカッコいいのです。

間近で気迫が感じられて、刺激をいっぱい頂きました!

はましんコンサート、チケットまだあります。お近くの団員かプレイガイドまで。

2017.07.13

ソリストとの歌合わせ!

今日の練習は、カルメンの歌合わせがメイン!
ソリストは、杣友恵子さんと竹内利樹さんでした。

素敵な歌声を聴いているだけで、一気にカルメンの世界に引きずりこまれていきます。
否応なく、こちらのテンションも上がっていきますね。
練習が進むに連れて、どんな本番になるか、ワクワクしてきます。

練習も大詰め。
少しでも楽しい演奏会になるよう、最後までがんばります!

(Fl.A.A)

2017.07.10

集中練習しました!

はましんファミリーコンサートまで二週間前の日曜日は1日練習でした。

いいお天気な休日。のんびり気分で席に着きましたが、曲が始まったとたんに、角先生のパワフルな指揮に、一気に戦闘モード?に。
角先生の面白いお話と、指揮で、あっという間の1日練習でした。

来週からはソリスト合わせが続きます。

角先生の楽しいお話、豪華ソリスト、わたし達にとっても楽しい演奏会になりそうです。

2017.07.07

浜響とカルメン

浜響にとって初めてのオペラが「カルメン」でした。1991年、会場は浜松市民会館。アクトシティ大ホールのようなオケピットはなく、前方客席の椅子を取り払いパネルで囲まれたところにオケが並びました。ステージの真ん前なので、ステージで人が動くとホコリが降りかかってきたりしました。譜面灯も初めての経験。途中で球切れしたらどうしようかなんて心配しましたっけ。
今回の「カルメン」は、それ以来の久しぶりの再演となります。ハイライトではありますが、どうかお楽しみください。

2017.06.21

「情熱の!」打ち合わせ

第12回はましんファミリーコンサートに向けて、浜松信用金庫・浜松市文化振興財団・浜響での合同会議が開催されました。

当日のスケジュールやプログラムなど具体的な話から、本番が近づいていることを感じます。

今回のはましんコンサートが情熱の国・スペイン特集だから??会議後の実行委員の話し合いも熱を帯びてきましたよ。

演奏も、それ以外の部分もより良いものができるように、この熱が冷めませんように♪♪

(じっこー委員)

2017.06.05

テーマは「情熱」

毎日、暑い日が続きます。もうすぐ本格的な夏がやって来ますね!
私たちも毎週、熱く、暑苦しく(?)、練習に励んでいます。
そうです、今度の「はましんファミリーコンサート」は情熱の国・スペイン特集です!!

先日は各セクションで分かれて、分奏やパート練習でした。
木管は、サックス奏者でもある長瀬先生による分奏練習。前半の3曲を見ていただきました。
終わる頃には、先生も私たちも、汗だくに。。
写真は練習直後の先生です。「暑かった~」と仰っていました(笑)
(特に先生の立ち位置は、空調の冷気が全く届かない場所だったのです・・すみません・・)

第12回はましんファミリーコンサートは、7月23日(日)です。
情熱的 な浜響に、ご期待ください!

2017.03.29

前半曲目の練習 3/29

今回の演奏会は、前半が標題音楽、後半が抽象音楽という構成になっているとも言えます。
前半はさらに2部に別れ、1部目はバレエの音楽2部目はオペラの音楽を取り上げます。
バレエもオペラも物語に音楽を付ける形なので、音楽にも何か意味を持っていそうです。
少なくとも、今回の前半曲目には全て題材となる物語があります。
さらに、グノーのファウストの場合、演奏会用に7曲の組曲となっていますが、それぞれに表題が付いています。
本来は、その表題から何を表現した音楽なのか吟味した上で演奏するべきなのでしょうが、なかなかイメージが音楽に結びつかない面もあります。

本日は、そんな前半曲目の練習でした。
柴田先生は本日に限らず、この曲はどんな場面の音楽だから、どのように演奏して欲しい、と常々説明してくださいます。

一方で、オーケストラの表現力はすごいな、と思うことがあります。アマチュアなので、一人ひとりが単独で演奏すると、特に弦楽器の場合は表現力を出せる人が十分多いとは言えませんが、それが複数の人が同じ表現を軽く行うだけで、増幅されるというましょうか、一人ではとてもできない表現を出すことができるようです。

つまり、皆が同じイメージを持って演奏すると、とてつもない表現を行うことも可能*かも*知れません。
正しい音程、正しいリズムの基礎技術があってこその話であることを忘れてはいけないのですが、、、

本番までに、物語を少しでも読み返し、柴田先生の説明を思い出して、イメージを持った演奏を心がけたい、とあらためて感じた次第です。

どんな演奏会になるか、皆様のご来場をお待ちしております。